【インフルエンザワクチン接種期間:1月31日まで延長!!】 ワクチン大量に入荷しております。今なら予約なしで接種可能!接種まだの方や2回目接種の方もどうぞ。(料金等はお知らせ欄参照ください)

循環器内科

取扱い疾患

①虚血性心疾患
狭心症・心筋梗塞等心臓を養う血管が動脈硬化等により狭くなったり詰まったりする。
②弁膜症
心臓の各部屋を仕切る弁が動脈硬化等によって固くなり、弁の開きや閉まりが悪くなる。
③不整脈
正常な心拍を乱す形で余分な脈が入り込み、心臓の動きを妨げる。
④心筋症
心臓のが膨らんだり肥大したりして、動きに支障を来す。
⑤血管疾患
主に動脈硬化によって起こる血管系の疾患。大動脈解離・大動脈瘤、頸動脈硬化症、下肢動脈閉塞、深部静脈血栓症等。
⑥先天性心疾患
生まれつき心臓を仕切る壁に穴が開いている等で、心臓に負担がかかり、心不全の危険性のある疾患。

こんな症状はお早目に受診を

胸が痛む、圧迫される、
胸がどきどきする、
息切れがする、
手足がむくむ、等

検査・治療について

心電図、心エコー、血管エコー、運動負荷心電図、24時間心電図にて診断を行い、循環動態・呼吸状態の安定している方は、外来で内服・注射等の治療で対応いたします。

状態不安定で入院を要する方やカテーテル治療・外科手術等、高度治療を要する方は、専門病院に紹介いたします。

【診療設備】

運動負荷心電図

長時間心電図

血管脈波検査

モニター心電図

心エコー・血管エコー

消化器内科

取扱い疾患

胃・十二指腸・小腸・大腸の消化管と、肝臓・胆のう・胆管・膵臓・腎臓・脾臓・前立腺等の良悪性疾患の診断を行います。病変の種類は多岐に亘りますが当院では殆どの疾患に関して自院で診断に繋げるべく精査を行います。

こんな症状はお早目に受診を

腹が痛む、腹が張る、便秘、下痢、胸やけ、腰痛、背中の痛み等。

検査・治療について

エコー・内視鏡(胃大腸カメラ)を用いて精査診断いたします。
大腸ポリープ切除も行います。CT・MRIの必要な方は近くの病院に依頼し、当院の検査と合わせて総合的に診断致します。高度な検査や治療の必要な方は、専門病院へ紹介させて頂きます。

【診療設備】

胃カメラ(経鼻・経口)・大腸カメラ

X線テレビ装置

超音波診断装置

一般内科(生活習慣病含む)

取扱い疾患

各種感染症・生活習慣病・膠原病(原因不明の免疫異常で起こる病気)等幅広く取り扱っています。

生活習慣病(高血圧・脂質異常糖尿病等)は動脈硬化を進行させ、循環器疾患の危険因子ともなります。当院では必要に応じて、循環器系のチエックも行いつつ、総合的に治療させて頂きます。

生活習慣病について

糖尿病・中性脂肪高値のように食事・運動が効を奏するもの、高血圧やLDL-コレステロール高値のように、薬物が治療の中心になるものがあります。病気の特性を勘案しつつ、又患者様の生活習慣やスタイルにも配慮して、個別対応できめ細かく加療させて頂きます。
又糖尿病のインスリン療法にも積極的に取り組んでいます。24時間血糖値の動きをモニターできる器械(リブレ)を活用することもあります。

【診療設備】

超音波診断装置

血液生化学検査

小児科

当院は地域の方々が家族ぐるみでかかれる診療所を目指しています。
松山市急患医療センターでは17年に亘って、小児科の一次救急当番を担い、凡そ月1回の出務をこなしております。0歳児より予防接種も含めて、小児特有の疾患にも対応させて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

寝ている間に息が止まることより、神経が緊張して夜中に度々目が覚めたり、深い眠り
に入れずに日中眠気が強くなる疾患です。
顎が小さく首が短い特徴を備えた典型的日本人は元々気道(喉の奥の空気の通り道)が狭く、少しの肥満で閉塞し、夜間の無呼吸が多いと言われています。日中の眠気のため、交通事故や労災事故に繋がるほか、高血圧等の生活習慣病を引き起こしたり、脳卒中や心筋梗塞の危険因子となることもあります。

症状

夜間の鼾、呼吸停止をベッドパートナーから指摘される、日中車を運転中や会議中等に眠気を感じる等。

検査・治療について

ご自宅に器具を持ち帰って行う簡易検査(酸素飽和度と呼吸曲線のモニター)にて無呼吸の疑いがある場合には、精密検査(PSG)を行います。PSGは脳波記録を行うため、無呼吸と睡眠状況の関係が把握できます。
PSGは当院に一泊して頂きますが、入院費は頂きません。代金は検査料金のみの12,000円前後で、格安です。
治療は、マウスピースという喉の部分を拡げる器具もありますが、中等症以上では強制的に空気を送り込むマスクを装着する治療(CPAP)が必要となります。

【診療設備】

睡眠時無呼吸精密検査(PSG)

禁煙外来

タバコの禁断症状を緩和しながら、禁煙に向けた取り組みをサポートする治療です。
ニコチンそのものを経費吸収させるニコチネルTTSという貼り薬と、ニコチン受容体に働いて禁断症状を抑えるチャンピックスという飲み薬があります。飲み薬の方が効果が高く、禁煙外来の主流となっています。健康保険治療は2~3か月間ですが、不安な方は自費で延長することも可能です。もし禁煙に失敗しても、初診から1年経てば健康保険が使えますので、お気軽にご相談下さい。

膝・肩関節注射等

膝関節痛や五十肩(肩関節周囲炎)の方に、関節内にヒアルロン酸注射を行います。
又腰痛や筋肉痛の方も、水圧マッサージ・干渉波・低周波の物療の他、鎮痛剤の筋注も行っています。内科的疾患と合わせて、総合的に治療管理をいたします。

【診療設備】

低周波・干渉波治療器

水圧マッサージ器